ケールの栄養

ケールを美味しく摂る方法とは

栄養はあるけど独特なクセのあるケール。

 

なるべく美味しく手軽に摂りたいものですが、ケールには味に独特のクセや香りがあるため、ケールそのものを日本ではあまり食べないようですし、そのクセが苦手な方もたくさんいらっしゃると思います。
せっかく栄養が豊富なのに摂取出来ないなんて、もったいない!

 

効率良く手軽に摂るには?
やっぱり、ケールと言えば青汁ですよね!!

 

ただ…青汁と言えば、「苦い」、「まずい」がおなじみで、青野菜の青臭さや、クセのある味。
苦手な方が多いです。

 

でも!ケールは、栄養をバランス良く豊富に含んでいて、野菜の中でも特に栄養価が高く、「緑黄色野菜の王様」と言われていて、現代人の食生活に不足しがちな、食物繊維はもちろんビタミンA(B-カロテン)・カルシウム・鉄・リンなどのビタミン・ミネラル、葉緑素(クロロフィル)やたんぱく質の他、メラトニン、ルテインといった、いわゆる生活習慣病を予防する栄養素がたくさん詰まっています!!

 

野菜類ではビタミンEがずば抜けて多く、さらにナトリウムの排泄に大事な働きをするカリウムも多く含まれています。

 

そして、メタボ(動脈硬化)や肥満(※1)にも効果が期待出来、またビタミンCが豊富な為、お肌のトラブルにも良いようですよ!

 

※1 葉緑素(クロロフィル)の効果でもある

 

体内に含まれる有害物質の排泄を促進しさせ整腸作用があり、便通を良くしてくれます。
インスリンの働きを改善し、血糖値を正常に戻す働きがあるとも言われていて、糖尿病の改善にも効果があるのではないかとされています。

 

また、ケールの栄養素には次のような効果が期待できるのです!

ケールのその高い栄養素

β-カロテン
動脈硬化予防。

 

メラトニン
睡眠を助け、目覚めをスッキリさせる。

 

ビタミンA
視力アップやドライアイ予防に。内蔵を丈夫にするお手伝いをしてくれる。

 

ビタミンC・ビタミンE
お肌の面では、シミやニキビの予防に、体の面では、冷え性、更年期障害、動脈硬化などの予防になる。アンチエイジングにも○。

 

葉酸
動脈硬化・ガンを予防し、また、粘膜の健康維持、成長や妊娠の維持に必要とされている。

 

ルテイン
目の健康補助になる。

 

食物繊維
便秘の解消や腸内環境をスッキリさせる。

 

ケールに含まれる栄養素には緑黄色野菜の中でも特に多く含まれている栄養成分もあります。

 

β-カロテン→キャベツの約60倍
ビタミンC→みかんの約2.5倍
ビタミンE→ニンジンの約5倍
カルシウム→牛乳の約2倍
リン→キャベツの約1.5倍
鉄分→にんじんの約4倍
葉酸→にんじんの約4倍
食物繊維→キャベツの約3倍

簡単にまとめますと、

 

・便秘解消
・コレステロールを下げる
・血液サラサラ
・血栓予防
・美肌効果
・アンチエイジング効果

 

など、体にもお肌にも強い見方なのですね!!

 

 

これだけの栄養がケールには詰まっています。
この高い栄養素をケール配合の青汁で摂りい入れませんか?

 

青汁はケールが入っていることにより栄養価は◎ですが、初めにもお話したように、味に青臭さや、クセが出てしまいます。
でも最近は、果物や蜂蜜などの自然な甘さで飲みやすくしている青汁がたくさん増えているんですよ!

 

中でも、ケールが入っているのに飲みやすい!と人気で、おすすめの青汁をご紹介したいと思います!

 

 

ケールが入った飲みやすい青汁は 
⇒ サンスターおいしい青汁

サンスターおいしい青汁って??

ケールの入った青汁なのにとても飲みやすい!もちろん、ケールの栄養はそのまま入っていますよ!!

 

野菜の栄養は加熱することにより低下していってしまいます。

 

おいしい青汁が栄養を保持している秘密は…原材料の一部を熱を加えず生のまますりおろしてピューレ化し、レモン汁を加え酵素の働きを止めます。
そうすることによって、生野菜のおいしさと栄養価を保つというサンスターさん独自の製だそうです。

 

野菜の栄養がまるごと摂れますね!!

 

カルシウム・鉄分・ビタミンC・カリウムやB-カロテン、食物繊維など、おいしい青汁は、たくさんの栄養が補給出来、この1本で1日の野菜不足が補えちゃうんです!

 

 

そして、気になる「味」ですが…
香りの高いりんごとレモンをすりおろした野菜ピューレとブレンドしていて、フルーティーな青汁。甘みが魅力ですよ!!
お子様でも美味しく飲める、飲みやすい青汁です。

 

 

ケールの高い栄養素を、美味しく摂ってみませんか?

 

 

ケールを美味しく摂れる青汁
⇒ おいしい青汁